2013/06/16

INTEROP TOKYO 2013に参加してきた感想

先週、千葉県の幕張メッセで行われた「interop tokyo 2013」に参加してきた

考えてみると、”tokyo”なんて歌っていますが、実は”千葉”何ですよね・・・

image

そんな話はさておき、今年

INTEROP TOKYO 2013でアツかったのはネットワークの仮想化でしょうか、SDN

SDNのコーナーが一番力が入っているように感じました

IMG_3664

 

SDNとは

“Software Defined Network” の略になります

直訳すると”ソフトウェアで定義されたネットワーク”となり、まさにその通りなのだ

今まで、ネットワークの通信機器は、それぞれL3・ファイヤウォール・ロードバランサと専用の物理機器を導入していましたが

これらを全部、ソフトウェア化して実現してしまおうという考え方です。

なので、物理環境としてはL2のネットワークとサーバーがあれば良いというイメージです

仮想化ネットワーク技術なんていわれますね

ネットワーク仮想化 基礎からすっきりわかる入門書

 

一方、目立つブースとしては

入り口を抜けると、大々的にブースを構えていたのは、最近いつもそうですがやはり

資産管理ソフトウェアのSKYSEAのSKY

IMG_3665

こちらは面白い集客をしていまして、10分15分くらいのミニセミナーコーナーを行っては

その後、ipodが当たる抽選会を開きます

この抽選会にガンガン「当たるよー、抽選会だよー、抽選だけでも良いよー」とキャンペーンガールが集客をし

抽選会が終わると、ガッツリSKYのブースに誘導するという、まるで鯨の狩りのようなやり方をしていましたw

IMG_3669

キャンペーンガールが、手を広げ、客が外に逃げないように囲い込むのですw

凄いですねw

ただ、製品的にはやはり使いやすそうで良いものにバージョンアップされていますね!

資産管理ソフトとしては後発なのに、今では一番目立っている気がします

 

後は、

テレビの「ほこ×たて」で話題になったネットエージェント

も入り口付近の大きなブースに構えていました

IMG_3666

 

 

全体的に、最近は既に世の中に普通に浸透している製品

  • 単純なサーバー機器やストレージ機器
  • 仮想化
  • バックアップ

なんてものはもう展示されておらず

  • ソリューション
  • 新し目のセキュリティ
  • 資産管理(WindowsXPのサポート切れをターゲットに)
  • 話題のネットワーク(SDNや10Gなどハイスペック機器)

が展示されている感じでした。

 

ここ最近、やはりネットワークが成長中でアツく注目を集めているんですね

IMG_3671

0 件のコメント:

コメントを投稿